食品事業者のみなさまへ

市民の食の安全と安心が脅かされる事件はあとをたちません。
O157・ノロウイルスなどによる食中毒、食物アレルギー、飲食物の放射能汚染、食品表示偽装問題などなど。

なぜこのように食に関する事件が起こるたびに市民は不安を覚えるのでしょうか?
食の安全や安心に関する科学的知見が正確な情報として伝わっていれば市民は安心ですが、
科学的にあいまいなことが多いほど、不明確な情報に市民は不安を覚えます。

だからこそ、当NPOでは食の安全と安心に関して、
 ①不明確な知見を科学的に明らかにする研究を推進すること、
 ②科学的知見を市民に理解していただくための学術啓発活動を推進すること、

この2つが必須と考え、それをミッションとして事業活動を進めています。
当NPOでは、上記の事業活動を支援してくださる食品事業者を募集しております。

当NPOのホームページ(トップページ最下段)に食品事業者様の広告バナーを掲載する、もしくは掲載しないという2つの選択肢をもって協賛金(1口、年間25,000円)を受け付けております。
ご興味のある企業様は、下記のSFSS事務局にご連絡ください。

さらに、当NPOに賛助会員として入会し、当NPOの専門家スタッフの顧問を受け、
食に関する研究機関との共同研究を推進することにご興味のある企業様は、
こちらをご覧ください。⇒ 「SFSSご支援のお願い」賛助会員の勧誘

また、SFSSでは食品事業者むけの異物混入実態調査匿名アンケートを
以下のサイトで実施しております:

-------------------------------
◎ SFSS食の安全・安心懇話会Ⅱ(1/22)  活動報告
 『永遠の課題、異物混入 ~リスク低減策と消費者コミュニケーション~』
 http://www.nposfss.com/cat1/konwakai0122.html

*食品事業者むけの異物混入実態調査匿名アンケート
 50社以上の回答が集まりましたら、実態調査のまとめをWEBにて一般公開いたします。
 ⇒ 他社様の異物混入実態データにご関心のある方は、
ぜひ自社データもご開示ください(匿名ですので会社名は非公開です)。

*詳しくは下記のSFSS本部事務局までお問い合わせください:

 特定非営利活動法人食の安全と安心を科学する会(SFSS):
 本部事務局:
   〒113-8657 東京都文京区弥生1-1-1
   東京大学農学部フードサイエンス棟405-1号室
   代表電話: 03-6886-4894 FAX: 03-6886-4894
   代表メールアドレス: nposfss@gmail.com
   (電話が通じない場合は理事長山崎の携帯まで⇒ 090-3527-0273)