食の安全と安心フォーラム第24回
『ヒトと地球の健康にどう取り組む?~食品の安全性/機能性/SDGs対応を議論する~』

食の安全と安心フォーラム第24回
『ヒトと地球の健康にどう取り組む?  ~食品の安全性/機能性/SDGs対応を議論する~』

開催日時: 2023年2月19日(日)13:00~17:00
開催場所:東京大学農学部フードサイエンス棟中島董一郎記念ホール(ハイブリッド:Zoom会議)
主  催:NPO法人 食の安全と安心を科学する会(SFSS)
後  援:消費者庁、東京大学大学院農学生命科学研究科
賛助・協賛:キユーピー株式会社、旭松食品株式会社、カルビー株式会社、
      株式会社セブン-イレブン・ジャパン、日清食品ホールディングス株式会社
対  象:一般市民(市民団体)、食品関連行政、食品事業者、メディア関係者、アカデミアなど
定  員:会場:48名、オンライン:100名
参加費:一般3,000円(事前納付いただきます)
    *SFSS会員、後援団体、協賛社(口数次第)、メディア(媒体名で参加)は参加費無料
参加申込み:https://forms.gle/thcqCZntC8yTfBag9(申込期限:2月17日)
    *有料参加の方はPeatix からの参加申込が可能です(クレジット・コンビニ払い可)。
      ➡Peatix:https://sfss-event-20230219.peatix.com/
    *銀行振込をご希望の方は、上記Googleフォームにて参加申込みください。
案内ページ:http://www.nposfss.com/forum24/index.html

お問い合わせ:SFSS事務局まで
 email:info@nposfss.com

本フォーラムの主旨、開催概要
 NPO法人食の安全と安心を科学する会(SFSS)は、食品安全に係るリスクアナリシスをテーマに「食の安全と安心フォーラム」を年に2回開催しています。
今回は、SDGsに関心の高い消費者市民が求める食品の安全性/機能性/環境対応について、食品事業者の取り組みを中心に議論します。


プログラム  講師/演題は予告なく変更する場合があります。

13:00-13:05 開会あいさつ 阿紀 雅敏(SFSS副理事長)
13:05-13:45 基調講演 『FAOが突きつける食環境の危機シナリオ』
         夫馬 賢治(ニューラル CEO/信州大学 特任教授)
13:45-14:05 『キユーピーのサステナブルな取組み 〜人の健康と地球の健康〜』
         今村 嘉文(キユーピー株式会社 執行役員 品質保証本部長)
14:05-14:25 『Soybeans for the Future (大豆で創造する、持続可能な社会)』
         池田 亮一(旭松食品株式会社 研究所 副主任研究員)
14:25-14:45 『食の未来を掘り出そう!(仮題)』
         中野 真衣(カルビー株式会社 執行役員研究開発本部長)
14:45-15:05  <coffee break>
15:05-15:25 『食を通じたSDGsの取り組み(仮題)』
         吉田 希美枝 (株式会社セブン-イレブン・ジャパン サステナビリティ推進室 総括マネジャー)
15:25-15:40 『日清食品グループの進化論(Planetary Health & Human Well-beingを目指す成長戦略)(仮題)』
         斉藤 圭 (日清食品ホールディングス株式会社 経営企画部次長;サステナビリティ推進担当)
15:40-15:55 『エスビー食品の「次の100年」に向けたサステナビリティへの取組』
         高山 大介 (エスビー食品株式会社、商品部/サステナブル商品開発部会)
15:55-16:10 『品質保証部の実務とサステナビリティーとのかかわり方』
         岩間 定樹 (伊藤ハム米久ホールディングス株式会社 執行役員 品質保証部長)
16:10-16:55 パネルディスカッション:『食品事業者はヒトと地球の健康にどう取り組むべきか』
         パネリスト:夫馬 賢治氏、SFSS阿紀 雅敏、進行:SFSS山崎 毅
16:55-17:00 閉会あいさつ 山崎 毅(SFSS理事長)