食のリスクコミュニケーション・フォーラム2018(4回シリーズ)消費者市民のリスクリテラシー向上につながるリスコミとは
第1回4月15日(日) 第2回6月24日(日) 第3回8月26日(日) 第4回10月28日(日)
参加申込み

SFSSホームページ
対象・定員:食品関連行政の担当者、食品事業者の広報・お客様相談・品質保証担当、リスク研究者、マスメディア、消費者団体・市民団体、など 定員:50名
【本フォーラムの主旨・開催概要】毎回、食のリスクに詳しい有識者をお迎えし、講師3名(Q&A含み60分)+総合討論(90分):13:00~17:50(休憩20分)の構成とします。総合討論では、市民の「食の安全と安心」につながるリスクコミュニケーションのあり方について、会場からの質問に講師が回答する形で議論します。
第1回―2018年4月15日(日)

   第1回 講演要旨まとめ(PDF/181KB)

   第1回 『市民の食の安心につながるリスコミとは』 活動報告

第2回―2018年6月25日(日)

   第2回 講演要旨まとめ(PDF/212KB)

第3回―2018年8月26日(日)

   第3回 講演要旨まとめ(PDF/202KB)

第4回―2018年10月28日(日)

   第4回 講演要旨まとめ(PDF/203KB)


≪ページTOPへ≫

NPO 食の安全と安心を科学する会(SFSS)

農学部キャンパス(弥生キャンパス) >