組織概要
NPOの組織沿革について

食の安全を脅かす問題はなぜこうも続くのでしょうか?

腸管出血性大腸菌による食中毒、口蹄疫・鶏インフルエンザ、原発事故による食品の放射能汚染の問題など...

人類が対応しきれない「想定外」の自然の脅威のせいでしょうか?リスク管理責任者が制御しきれない網の目をくぐって、経済を優先してしまう市場のせいでしょうか?困ったことに、自然の脅威にしても、利潤を追求し続ける市場にしても、おそらく地球上から消すことはできないでしょう。

環境に順応しながらも、我々にとって生きるために必要な飲食物を安全なものとして確保していくことが、人類の永遠の課題と言えます。そのためには、過去の事故を教訓として、これから起こりうる食の安全と安心を脅かすものを「想定内」として、それに対処していくリスクマネジメントが必要です。

こういった食の安全に関する科学的知見が社会的に必要とされる中、
2006年に東京大学大学院農学生命科学研究科に食の安全研究センター(http://www.frc.a.u-tokyo.ac.jp/)が設立されました。
さらに、2010年には同研究科に対してのキユーピー株式会社からの多大な寄付により、
フードサイエンス棟が建設され、同年12月に竣工記念シンポジウムも開催されました。

こういった食の安全と安心に関する研究の動きが加速されることに呼応して、
研究機関、民間企業、自治体、消費者も含めた一般市民が協力して、
食の安全と安心の研究を推進し、世の中への学術啓発を進めるNPOの必要性が増し、
2011年2月に内閣府の認証(現在は東京都管轄)を受けて、「特定非営利活動法人食の安全と安心を科学する会:SFSS」が設立されました。

われわれは皆様とともに、食の安全と安心の過去と現在を学び、
危機管理やリスクコミュニケーションを含む食の安全と安心の未来について
今後も活発に議論し、研究を推進し、科学的に正確な情報を提供するよう、努めております。

■沿革・実績
2009年
 
2009.12.7 任意団体としてのNPO設立
2010年
 
2010.12.10 東京大学大学院農学生命科学研究科フードサイエンス棟
竣工記念サテライトシンポジウムを主催
2011年
 
2011.1.19 NPO法人として内閣府認証
2011.2.2 特定非営利活動法人食の安全と安心を科学する会 創立
(NPO法人設立)
2011.4.11 食の安全と安心フォーラム シリーズ第1回(東京大学)を主催
『飲食物の放射能汚染の問題も含めた食の安全と安心の未来について』
2011.4.14 食の安全と安心フォーラム シリーズ第2回(関西地区)を主催
『飲食物の放射能汚染の問題も含めた食の安全と安心の未来について』
2011.6.26 食の安全と安心フォーラム シリーズ第3回(東京大学)を主催
『昨今の食品問題から考える食の安全と安心の未来について』
2011.9.1 神戸大学食の安全・安心科学センター・東京大学食の安全研究センター共同開催フォーラム第1回を後援
2012年
 
2012.1.29 食の安全と安心フォーラム シリーズ第4回(東京大学)を主催
『食の放射能汚染と健康被害について科学する』
2012.7.21 ふくしま再興フォーラム『食の安全は守られているか』
~福島における安全確保の取り組み~
2012.7.28 食の安全と安心フォーラム シリーズ第5回(東京大学)を主催
『食育:食の安全性と機能性を正しく理解するために』
2012.9.20 神戸大学食の安全・安心科学センター・東京大学食の安全研究センター共同開催フォーラム第2回を後援
2012.10.4 JRA被災地支援対策事業に関する調査研究発表会を後援
2013年
 
2013.1.27 "農医連携プロジェクト"『すごいぞ!農のちから、食のちから』を後援
2013.3.18 食の安全と安心フォーラム シリーズ第6回(東京大学)を主催
『動物感染症と国際的リスク管理』
2013.5.5 食肉情報等普及・啓発活動
『つながろう、福島 2013食育・食肉まつり』を主催
2013.10.29 食育シンポジウム『減塩と健康』を主催
2014年
 
2014.2.2 食の安全と安心フォーラム シリーズ第7回を主催
『我が国における食物アレルギーのリスク管理と低減化策』
 
2014.4.26 食の安全・食肉まつり ~なにわの町で食肉について考える~ を主催 
2014.7.13 食の安全と安心フォーラム シリーズ第8回を主催
『小さな巨人、カビ、その偉大さと安心・安全を探る』
 
2014.4.20~10.26 食のリスクコミュニケーション・フォーラム2014 (4回シリーズ)を主催  
2014.11.28 食の安全と安心フォーラム シリーズ第9回を主催 『我が国における食物アレルギーの現状とリスク管理②』
2014.11.30 第27回日本リスク研究学会年次大会@京都大学にて、理事長の山崎毅が口頭発表     
2015年
 
2015.2.7 食の安全と安心フォーラム シリーズ第10回を主催 『ノロウイルスの最新研究とその防御対策』 
2015.2.18 食の安全と安心フォーラム シリーズ第11回を主催 『新たな機能性表示食品制度ってどうなの? -消費者と食品企業の距離を縮めるために-』 
2015.4.26~10.25 食のリスクコミュニケーション・フォーラム2015(4回シリーズ) を主催 『食の安全・安心の最適化にリスコミは有効か?』 
2015.7.26 食の安全・食肉の魅力2015 を主催 
2015.10.12 食の安全・食肉の魅力2015② in 福島 を主催 
2016年
 
2016.2.14 食の安全と安心フォーラム シリーズ第12回を主催 『食のリスクの真実を議論する ~消費者と専門家のリスク認識のギャップについて~』 
2016.4.24~10.30 食のリスクコミュニケーションフォーラム(4回シリーズ)を主催「消費者の食の安心につながるリスコミを議論する」 
2016.5.14~10/8 赤ちゃんとお母さんの健康食講座(6回シリーズ)を共催「アトピー・アレルギーを考える」 
2016.10.6 食育シンポジウム-減塩と健康Ⅱ を主催 
2016.11.3 お肉のトークin大阪 を主催 
2016.12.20 緊急パネル討論会「豊洲市場移転に関わる食のリスクコミュニケーション」を主催 
2017年
 
2017.1.22 食の安全・安心懇話会Ⅱ「永遠の課題、異物混入 ~リスク低減策と消費者コミュニケーション~」を主催 

役員名簿
(全員無報酬:ただし 講演料、執筆料、旅費・出張日当などは支給)
理事長 山﨑 毅
副理事長 森井 勝
会計担当理事 芦内 裕実
理事 阿紀 雅敏
理事 小川 正
理事 倉恒 弘彦
理事 髙橋 治男
理事 古川 雅一
理事 眞鍋 昇
理事 渡辺 雅美
監事 局 博一

顧問(名誉会員) 服部幸應
顧問(名誉会員) 冨澤 伸行

事務局の組織

特定非営利活動法人食の安全と安心を科学する会(SFSS):
本部事務局:
  〒113-8657 東京都文京区弥生1-1-1
  東京大学農学部フードサイエンス棟405-1号室
  代表電話: 03-6886-4894 FAX: 03-6886-4894
  代表メールアドレス: nposfss@gmail.com

関西事務局:
  〒541-0041 大阪市中央区北浜1-1-9 ハウザー北浜ビル3F
  TEL:06-6227-8550、FAX:06-6227-8540

会員数(2017年6月1日現在)

正会員:41名

賛助会員:5社

名誉会員:2名


特定非営利活動法人食の安全と安心を科学する会 定款(2016年2月14日 修正)
平成28年度SFSS事業報告書等 (2017年3月30日 東京都に報告分)
事業報告

①​事業報告(PDF/193KB)

(2017.6.2.付けで内容修正:掲載内容に誤記があったため)
活動計算書

②活動計算書(PDF/113KB)

(2017.6.2.付けで内容修正:掲載内容に誤記があったため)
平成29年度事業計画書等 (2017年1月22日 NPO総会にて報告)